数か月が経ち、ウメはまた職場の人に声をかけられました。 6個年上の男性で主任をしているそう。 数回二人だけでご飯を食べに行くようになってお互い好意をもち トントン拍子で付き合うことに。 仕事がオフの日、二人はいつものようにご飯を食べに行きました。 場所はウメが一人暮らしている家の近く。 主任さんは計画的だったのかもしれない。 ウメの家近くで夜もおそかったこともあり、ウメの家に行きたいと言い出しました。 ウメとしては付き合っている相手だし もう家に呼ぶこともしてもいいかもしれない…と思いました。 だけど今日は! 部屋を出てきたまま!人を上げられる家じゃない! 実は汚部屋の住人ウメ。 何年も一人暮らしをして、家は物が溢れかえっているそう。 ここ近年は私も入れてくれない。 押し問答は続きます。 玄関先でもめること1時間。 引き下がらない主任にウメはイラつきだします。   つづく