絵を描くといつも同じことを思うんです。

下手だな、上手く描けないな、もういいやこれで。

 

最後に漫画描いてから、また次描くぞってペンを握って

ちょっと描いてみてら、下手すぎて続けたくなくなった。

早々諦めた。また時間を置いたら描きたくなるかなって未来の自分に委ねた。

 

ところが、あれ、絵描くの嫌いかも?

という気持ちを見つけてしまった。

あながちその気持ちは間違いでもないかも?

 

正解ってないよね。

下手でも上手くても面白ければ関係ないし。

めちゃくちゃ話面白い漫画が絵下手でもクソ人気あったり

めちゃくちゃ絵が上手い漫画が話は面白くなかったり。

 

私は思い込みもすごく強いと思うんだ。

こうしないと。これじゃないと。こうでなければ。

それが昔からすごーく範囲を狭める。

真っ白の紙、自由に使っていいのに、ちょこちょこ書くような。

こう書くんだよね?ね?ね?みたいな気持ちが常にある。

それでいてあとで見返すと、その通り、

なんでもっと大きく自由に書かないんだ、定型に当てはめるんだって。

 

何を悩んでいるのか分かんないですよね。

なんでしょうね。

強い人はわりと弱音も吐くと気が付いたので

私も真似してみようと思いました。